50代からのかかわり行動 みんながそれぞれに持っている 心地よいテンポ(メンタルテンポ)を知る

カラダ 健康

カラダへのかかわり行動
みんながそれぞれに持っている 心地よいテンポ(メンタルテンポ)を知る

ゆっくり、のんびり、気長、おっとり、のほほん、悠然、悠々 に対して
速い、素速い、機敏、迅速、すばしっこい、ちょこまか、せっかち など

時間の感覚、作業ペースは ゆったりペースから スーパー速度、早いペースと

同じことをしても 早くやり終える人もいれば ゆっくりやり終える人もいる ヒトそれぞれに心地のよいテンポ、作業にかける行動スピード 「精神テンポ(メンタルテンポ、パーソナルテンポ)」が存在します。

このテンポは 遺伝や生活環境が影響して子供のときに定着し、一度定着するとそのペースは 生涯にわたってつづく あまり変化することはありません。

穏やかなゆったりペースの方が 急に素早いペースになったり ちょこまか(少し落ち着いたら)という方が急にのんびりペースになるということはありにくのです。これって実感できます。

ヒトとの関わりのなかかで このテンポを時に意識できると 有効かもしれません。

速いテンポ、ゆっくりテンポ どちらが良いとか悪いとか優位をつけることではなく

互いの行動テンポを 時間の使い方を 理解することも必要です。

ココロ(感じ方、考え方、価値観他)がそれぞれに違うように メンタルテンポ 時間の使い方も 人それぞれです。

コメント