労働力の最適化 働き方改革に合わせて 組織体の改革は?

お金

高齢社会、労働人口の減少、働く環境の変化など多様な変化が起きているなかで

企業の採用ニーズ×求職者の労働ニーズのミスマッチの解決に必要なこととは
と このミスマッチは、常に、解消されにくいことのようで、いまだに聞こえてくるんですけど

確かに、このミスマッチの解消も大切なんですしょうが

そもそも 貴社が、あなたが、抱えている 労働力は、最適化されているのでしょうか?

以前として変わらないレポートライン(複数層の部門・管理者)、たくさんの箱(各部門)
ケイゾクして発生するこの箱たち

そして、この箱については、また ながーい意味がわかるようなわからないようなカタカナ英語のような表記や呼称が発生し

変わっていない 旧タイプの組織体に人を当てようとしても、そりゃ足りません。

採用ニーズと求人ニーズをマッチさせることも大切なんですが
働き方改革に合わせて 企業、組織体も変わる必要があるのでは?

組織体へんしーん

デジタル化、AIなどと共存、駆使すれば 生産性は上がり
管理もAIにやってもらうほうが的確な場合があるかもしれません。
たとえば、事務系の業務であれば、業務量は 半減レベルには削れます。

やったほうがいいんじゃないかなということ

●業務の簡素化 現状に留まることなく日々効率化をみんなで考えましょう 大きく変えられることはもちろんのこと、小さなこともコツコツと そのチェック必要ですか? その紙(書類)必要ですか? そのエクセルデータ必要ですか? RPAに入力お願いしませんか? 印鑑必要ですか? その仕事なぜやるのか腹落ちしていますか?

●レポートラインの短縮 デジタル化を効果的に使用すれば 単体の精度はあがり、生産性増。品質も上がります、管理の箱も減数… しかし わかっていても まぁ、自分のポジションは、自分の箱は、絶対キープ!なので 箱は変わらずつづく(というか増産傾向)腹をくくれないのが現状でしょう。変わりませんね。

組織体を変える必要があることを 企業の採用ニーズ×求職者の労働ニーズのミスマッチにすり替えて さらにキャリアのストレスは 続くのか

コメント