寒い時期におすすめのココロを暖かくする方法

以前に受講したセミナーで寒い時期におすすめのココロを温かくする方法より

気温が下がるとカラダにキュッと力が入って前傾姿勢になってうつむき加減、視線も下向きに、何だか元気が無い時のカラダ状態になっちゃいます。

気持ちのバランスをコントロールしている自律神経も寒さに緊張して冬場はメンタルがダメージ受けやすくなっているようです。*自律神経:カラダの中で自律機能を持つ器官(個人の意思に関係なく機能する器官で消化器・血管系・内分泌系・生殖器など)の働きを調整する神経。とても大事な神経です。

緊張してしまう自律神経をぐーっとストレッチさせる方法

五感開放 人が本来もっている 視覚 聴覚 嗅覚 触覚 味覚への刺激を意識的にするとココロストレッチに効果有り

通勤電車では、黒、グレー、暗めの茶となんだかどよーん そんなときに目から入る刺激を少し変えてみましょう

1.色の効果(視覚)

電車内の色を変えることはできないので自分で変えられる自室やベッド周り職場のデスク周りへも置きたいところですが自由にならないところもあると思いますのでご自分の持つ小物などでは暖色系 オレンジ、黄緑と明度が高い(透明感のある感じ)の色ものを選択すると効き目ありです。

植物が枯れている時期に、室内では緑色を効かせてもいいかも、緑は、調和とバランスも現しています。安定のイメージです。

クリスマスとかこれからのバレンタイン時期の「赤」などの活用は、社会的にも効果ありですねと講師より(ナットク!)

2.次に香りの効果「アロマ」(嗅覚)※ご注意 アロマ精油はそのまま肌につけたりできません等使用上の注意は良く確認して自分のカラダにあったものを試しましょう。

アロマは、フランス語で「芳香」テラピーは「療法」ハーブなど芳香植物が生み出す方向の成分を利用してココロ、身体を元気にする

香りは、直接脳に届き、香りによって過去の記憶が引き出されたりする心地よい香りだと心地よい記憶がよみがえる・・・カラダも心地よい状態に移ります

カラダの状態 ココロの状態に合わせてアロマを使ってリラックスしたり元気になったり自分へのアプローチを少し変えるだけでココロの調子を変えることができるんです。

私が身近で使っているのはラベンダー、効用のひとつは、精神のバランスを整え気持ちを落ち着かせる、入眠前にも効果的です。アロマ方法としては、アロマポットを焚いて。。まではやっていません。私の場合、コットンやティシュに数滴落として置くだけで十分、気づかないうちに呼吸がゆっくりになっています。

グレープフルーツなどの柑橘系は、多好感、気持ちを明るくする作用有りと講座情報で聞いてコスパ効果も高いようなので取り入れてみようかなと思います 最近は日本モノでゆずや夏ミカン、ヒノキ等 ネット検索すればいろいろ出てきますが、好きな香りってどんな香りですか?

香りと言えば、アロマだけでなく例えば一杯のコーヒーからの香りもココロにはスペシャルメニューです、好みの香りもココロのように人それぞれです。

無臭がイチバン!っていうのも勿論有りです。

自分に合う、気持ちが「安定する」「アップする」五感へのプラスのアプローチ沢山持てるとイイですよね

コメント