老後資金を計算する プランニング編2

お金

老後資金を計算する プランニング編1からのつづきです。

①リタイア後の支出(総額) =生活費+イベント費+医療費や介護費
生活費 年間支出×リタイア時の平均余命 ⇒ 老後資金を計算する プランニング編1

今回は、イベント費と医療費や介護費を見積ります。

●イベント費 子供、家族への援助、住宅関連、趣味、習い事、マイカーなど

前回の「この後、どう生きたいか?」からイベント費をどう設定しますか(見積り程度でOK!)は、個人単位で異なりますが、以下冊子ページを算出の目安としてください。

冊子6-9ページ

https://www.jafp.or.jp/personal_finance/senior/retire/files/rm_planning.pdf

ライフイベント表 ↓

https://www.jafp.or.jp/personal_finance/senior/retire/files/3_lifeevent.pdf

●医療費や介護費
特に不安を感じる費用ですね。医療費や介護費は、公的医療保険(健康保険)や公的介護保険の制度があるので自己負担には一定の上下金額があります。
と言っても高齢化により利用者は、増えるので近い将来で負担増が想定されます。

そこでここでは、少しでもリスク軽減のために健康年齢を延ばすことも考えます。アンチエイジングに2つの大切なこと「歯のメンテナンス」と「大きな筋肉(特に太モモ筋肉)を鍛える」です。元気に年をとるために『自分で食べ 自分で歩くこと』結構、大事だと思います。

冊子10-11ページ

https://www.jafp.or.jp/personal_finance/senior/retire/files/rm_planning.pdf

ざっと ①リタイア後の支出(総額) =生活費+イベント費+医療費や介護費 が算出されました。次回は、老後資金を計算する プランニング編3 リタイア後の収入を算出します。

コメント