過去の自分OK 頑張ったね自分

あの出来事がなかったら

今はこうしてメンタルプログラムに出会い 、メンタルトレーナーを目標として人生変わりだしましたと発信していますが

あの出来事がなかったら

どーしてたかな

あの出来事

その出来事からは、また新しい年を迎えたのでもう5年ほどになります
世間一般には小さくてどーしようもない出来事レベルだと思いますが私には大きく気持ちを落とす出来事で

怒りのような激しく強いものではなくただ、ただ無力感、じっと腹に据えた悔しさ挫折とも表現するのだろうか

自分、笑ってないなぁーって

これは、ヤバいこのままにしちゃだめ!なんとか変えなきゃと

友人・先輩にはよく話を聴いてもらい励ましてもらい救われた。ありがたいことになんとかこの出来事から離れることができて

腐らずに、悔しいマイナス感情をマイナスのまま爆裂させて負のスパイラつにはまるーーーってことは避けられて、良かった

気落ち状態でも腹に据えた悔しさをなんとか環境変えなきゃと人生手放さずにややうつむきながらも方向は前を向いていたんじゃないかなとプラスのチカラにできたのかな

人生ドラマにはいろいろなヒトが出てきていろいろなことが起こります。あの出来事も私には必要だったのでしょう、頑張ったよ自分!自分ほめときます

そしてココロ周りを学習して理解できたこととして

この悔しさや辛さなどマイナスの感情など、とかくヒトははやく消したほうが、早く忘れるよう気持ち切り替えそうよ、ってのがいいんじゃないと思いがちですが、いえいえこのマイナスの感情も嬉しい楽しい、サイコー等のプラスの感情と同じように自分の感情として大切にココロプレイス作りましょう。

ココロでの持ち方としては、マイナスのまま外にだすのはもったいなーーーい、自分へのプラスのアプローチにすることです

あの悔しさは決して忘れない。

☆ちょっと追記で 最近受けたセミナーより

その中で講師からの名言(どうしても記録にしておきたくて)

人間性をどうステキに現すかがテーマのところで、

人は、みんなステキ、誰もがステキ、だれもが人を魅了する何かを持っている(チャームポイントを持っている)って

私の“何か”を最大限にするために将来の在りたい自分に向けて、自分を丁寧に扱ってさらに負荷をかけて磨け!磨け!

コメント