50代 住宅ローン 借り換え

キーンと冷えきって、大寒波到来!耳が寒い、冷たいって久しぶりに受けた感覚です。

住宅ローンの残額明細が通年通り届きました。ある記憶が蘇って、そう言えば自分のお金周りのかかわり行動、変えたんだった

やりましたよ、「住宅ローン借り換え」借り換え後からちょうど一年が経ちました、あの時思いたって、実行して良かったと思います。

かなりパワーも使いますので、エイッ!と勢いが必要です。

不動産を購入したのが12年程まえで、できる限り早目に返済しないとと返済期間35年設定にはせずに25年で設定。ここまではいいのですが、ここから借り換えを思い立つ要因となる当初の支払条件に「賞与払い 年2回」を設定していました。当時は普通に組み込まれていた支払条件だったと思いますが思えば読みが甘かったのですね(よーく考えれば、、わかるでしょって感じです)

その後、あれよあれよと時代は変わり

給与条件も変化して 世の中の給与払いが年間ボーナス2回なんて、すでにナンセンス、期待するほうも間違っているーーっ

良いところに金利も下がってきていましたし、真剣に考えよう、私のおかね周りかかわり行動キャンペーンです。

それから私の借り換えかかわり行動が始まるのです。本格的には2016年の夏位からはじめました、合わせて生命保険など保険の見直しも

まずやらなきゃと思った住宅ローン借り換えの行動目標 ①賞与払いの月額への取り込み ②マイナス金利を活用して支払額を減額する

まずは情報を集めるところから、金融機関のローン相談、金融機関の資料取り寄せ、振り返ってここで役立ったことはファイナンシャルプランナー講座「住宅ローンを考える」みたいな、質問したいことを控えて行き、ピンポイントで聞く、もちろん講座内容にも集中しましたよ。でさらにずうすうしいというか、最大に活用するために講座終了後に講師のところへ行きさらにいろいろと問う。

直接相談も受けていただけることもお話いただきましたが、結果こちらの講座内容と質問でかなり私の借り換えゴコロは進み、あとは金融機関とのやりとりで落ち着く条件に行きついたのです。引き続き、このかかわり書き留めておこう

コメント