ホームにて 電子書籍と

しかし電子書籍は、有りがたい
読みたいぞってONすれば
時を、空間を、超えて手元に存在する。

「友だち幻想」を読みました。

日本テレビで又吉直樹先生から授業があったようです。それは見ていませんが
ココロ学習として読んでみました。

友だちは、信じていいけど

大切な自分があるように
自分以外の他の人にも(親も、友だちも、みんな)それぞれに大切な自分があるのね

自分と友だち(相手)の考えや気持ちがいつも一緒とは限らない

だからね何でも自分と
おんなじように感じているかというと
違うんですね

空を見上げてみてください
自分が見る〝空〟と
他の人や友だちがみる空と

かならず一緒では、ありません

どんな空なのか聞いてみないと
話さないとわからないんです

感じ方もや考え方も一緒です。

違うところは、お互い話さないとわからない
自分の思うようにならないことだらけ

自分と他人は、違うってところが
わかるとだいぶ楽に生きれそうだけど

今の若い世代は、そんなに簡単じゃないのかな・・・
とつぶやきで終わり

ココロ発展途上の私に効いたところは、
「人生の苦味」の章

目標に向かってがんばれーって
がんばりますよ、努力しますよ

でもね

世の中には、自分より強いひと、できるひとばかり
いつか自分の力の無さに思い知らされる

勝ちたい試合があって
努力する、勝つためのメンタルを育てる

でも試合の相手がさらにプラスの練習をしていて手強くて

「負けた」…
負けたときのココロの扱い方も

もれなく対応できるようにしておかないと

どちらかというとこちらのケースのほうが多いかも

試合を振り返って
最後まで集中できたか
課題を見つけて
回復できる力

でも、人は
感情あるから
PDCAサイクルみたいにはそりゃなりませんよね

こんなとき、思うのは
ココロ学習の講師より

全うに落ち込めって
きちんと落ちて、その悔しさ、忘れるなって
でも、そのまま自棄になるのではなく

次に繋げること

連休前半、セルフケア必要だわ、自分

ちょっと花でも見に出かけましょー

コメント