AIと共存する

最近の新聞でAIから殺人ロボ、ターミネーター、スカイネットなんて言葉もでてきていて

ネガティブ想定より 役立つポジティブ思考が良いす

これから先AIとは共存必要でしょう なんかよくわからないなんて言ってはいられなくなると思います、手放したらそこで終わり

で、amazon アレクサ

おはよう、アレクサ 朝にぴったりの曲をお願い、なんて早々にやってみたいと思いましたが現在の我が家ではAI機能には少し早いと思われウォッチ中

そんななか今日の新聞の記事でトヨタ自動車 amazon アレクサ乗せちゃうの記事、あっという間にAIに囲まれるんだろうな

AIと言うものの、仕組は?どうなの?

幅広い範囲、幅広い層でAIを活用した新事業の創造や業務の可能性ありそうですが、そのなかでも身近に感じるのは「ディープラーニング」(深層学習)人口知能が囲碁のマスターに勝利してしまったとか注目を浴びてましたね。ただそれ以外にきっと深いんでしょう、そこで

書籍「人工知能&Iotビジネス 実践編」いまさら聞けない人口知能の仕組み 鎌田篤慎氏

AI基本講座をまず読んでみました。著者より「本講座ではAI関連の技術の中でも、基本的な学習データを用いた機械学習の概念を平易に説明し専門外の方に少しでも実態に則した理解をもってもらえるようにしたい」と“実態に則した”に気持ち反応して

まず、いまのAIの主な利用しシーンには、何かを人間のように仕分ける分類するというような作業を自動化するといったものがある。販促でモノの仕分けに使われたりしていますかね。この機械学習の仕分けのしくみ事例を「機会学習は「素性」男女を見分ける」で説明されています。

人間が男性と女性を見分ける場合?どう見分けますか

「身長」「骨格」「声質」「髪型」「服装」などいくつかの要素に着目して性差を判断します。

この人間が行う判断を機械学習では、こうした判断を左右する特徴を表す要素が非常に重要となる。こうしたものこの要素の部分を機械学習の中では「素性(素性)」と呼ぶ、、まず「素性」については、わかりました。

コメント