頭がちぎれるほど考える

ココロ メンタル

株式投資の本で

投資の選択方法として 経営者の資質にこだわる戦略も良い策として掲載されて

その中に バツグンに最高な経営者 ソフトバンクの孫正義氏の「孫の二乗の法則」(経営戦略)から

気になるワード「頭がちぎれるほど考え抜く」と言う言葉が 繰り返し出てくる

それほどまでにして考えること 集中できること  

自分を振り返ったときに 何でもいいから どんなことでもいいから 頭がちぎれるほど考え抜く 考えたこと

思い当たらないかも 頭がちぎれるほどというのも残念ながら感覚がない

集中して 考え抜く 

あちらこちらに意識が向かないように 集中して考える

考える「脳」について、他の細胞に同様 脳の神経細胞も年々減っていき、年齢を重ねるごとに老化するんですが、しかーし、この神経細胞のネットワークは年々成長することがわかってきています。

脳の機能は 年齢に制限されることなく強化できるんです。

ぼやーんとばかりしていられない 集中して考えること 実行!

参考文献:「脳の教科書」 加藤俊徳詩氏 
99%勝てる株が見つかる本 山本潤氏 皆木和義氏

コメント