カラー診断 色彩とココロの相関性

カラダ 健康

ただいま 色の効果を 実感中

機会あって 何年ぶりになるかな カラー診断を受けました。 (そのうち、こちらの効果は、まとめてみたいと思います。)

 

カラーの基本は、大分類として 2タイプ ①寒色系(ブルー系)と②暖色系(イエロー系)

そして、この①②のタイプがそれぞれ2タイプに分かれ

寒色系は、サマーシーズンとウィンターシーズンに

暖色系は、スプリングシーズンとオータムシーズンに

で、一般的なカラー診断は、ここまでですが、私が今回受けたものは、「色」のタイプと「心理」「ココロ」の特徴が

相関関係が現されていて 興味深いところです。

 

さて、私の カラー診断の結果は、オータム系

ずっーーっと ブルートーンだと 言われていたままだったので

「そうなんだー。。。」「ゴールド持っちゃっていいのね」

(色味は、年齢重ねると変わるの?→変わらないらしいです)

 

でも、カラダは、正直で オータム系に愛称の良い アースカラー系に最近 注目だったので

なんとなく気がついていたんだな、、

ここで ハッキリとわかったところで  カラダの色味に馴染んでいる色を身に着けたいと思います

 

なんてったって メンタルトレーナーを目指している私は、「元気」「ラッキー」みたいな

現われ方になっていないと ココロの中で秘めていても

外に 現れないと そこで さらに パーソナル単位でのカラー診断進めようかと決めたところです。

 

次のステップは、実際に パーソナル診断でさらに強力なオータム系を意識しての 色を着ることかな

カラー日誌は、続く

 

コメント