痴呆症予防 50代からの 口腔ケア

カラダ 健康

関東、今日も気温が上がるようで カミング サマーで 何だか楽しい 暑いの好きです

今日の ココロ位置 スッキリ

最近では 使わなくなっていた 運動マシンを粗大ゴミへ申込み 今日も 5S活動 整理整頓 まずは、不要なものを処分から

そして

延び延びになっていた デンタルメンテナンス予約をやっと 入れました。歯は、大事です。

明るく過ごすに カラダ元気でないと 元気なカラダの 源は、 「食」から 食えるって スゴイチカラです。

50代 人生100年プランに 合わせて できる限り歯を残すこと これは もちろん大切ですけど 脳への影響も 大きくあるようです

こんな記事を見つけました ↓ ↓

「認知症の予防」という観点でいうと、

アルツハイマー型認知症の高い発症率を示す年齢層は、70歳代である。しかし、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβの脳への蓄積は、発症する10~15年以上前から始まっている。そのため、認知症の発症予防のためには、遅くとも50歳代で歯周病がコントロールされていなければならない。

もちろん、それよりも早ければ早いほど望ましいことは言うまでもない。

そして、アルツハイマー型認知症において歯周病が問題となる理由が、実はもう一つある。それは、虫歯もそうだが、歯周病により、「歯を失う」という状況が生じることだ。歯の機能は、食べるという咀嚼機能だけではない。

物を「噛む」という行為による脳への刺激が、脳の活動において極めて重要なのだ。そうです。

食物を噛むだけでなく 脳への影響、、、 やはり歯を残すことを考えなければ

まずは、歯垢を除去するのが良いといいます 年齢を重ねると 歯の位置もずれだして 磨きにくいところができたり 定期にプロに対処いただくしかありません

美肌ケア 口腔ケア 忙しい

さらに 5S活動 断捨離 すすめよう スペースもカネですよ 気が滞っているところ 見直しましょう

旅行のDM(紙ベース)も止めないと

コメント