覚えてもらえてるって うれしい アフリカンレストラン ラッキーさん

ココロ メンタル

普段 あまり雑誌は、買わず 必要な情報だけネットで調べるスタンス そんなために 美容室で用意してくれる女性誌が嬉しく楽しい コスメ、ファッション、今どきの場所 流行り物 流行りの色 美味しいもの などb

ある雑誌の コラムで「死んでいく人より 忘れられる人のほうが寂しい」みたいな 一文があって

確かに 覚えてくれてて声がけされるのって うれしい 自分の存在感じる(ちょっと大げさかな)

最近 うれしかった 覚えててもらえた人 新宿東口 アフリカンレストラン「エソギエ」のマスター ナイジェリア出身のラッキーさん 気がつけば初めて行ったのが十数年前だった 当時行っていました スクールの講師に教えていただき それから 行っていますが

まぁ でも 数年単位になってんですけど

つい先日も 数年ぶりに お店へ 覚えててくれました (お店のアシスタントに聞いてみた「ホントに覚えてるのかな?」って、A:「わからないときは、わからないって言いますので、覚えているんですよって」)

このラッキーさんには、会うたびに元気もらう アフリカ系アクティブリスニングが聴く効く アフリカの深いお酒も手伝ってか なんだか心地よいのです ジェンベをたたきながらの 唄も いい

ここです ↓ 今宵もきっと賑わっていることでしょう

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13042544/

 

おすすめのお酒 「オゴゴロ」 アフリカ大地で育った 木の根が ウォッカ や ジンに溶け込んで ほのかに 香ばしいような

血行よくなりますよ でも量は、ほどほどに アフリカンビールは味も ラベルも 楽しめます

お料理も 来店前のイメージは 肉肉しいのかなって思いましたが 肉もお魚もバランスよく ラッキーさんが下ごしらえしてくれたピラニアの料理 スープ 青いバナナの揚げ物

で、さらにいいのが お客さん同士で 楽しくなっちゃうこと また、元気もらいに 行きますね

 

コメント