シニア世代 どう働く? どう歩く?

ココロ メンタル

日本の65歳以上のみなさんは、やはり若い、日本の平均寿命が毎年伸び続けているのは知られているところ、比例して、身体能力も上がっています。

例えば、歩行速度、10年間に約10歳程度若返っているんですって、ですから今の75歳は、昔の65歳と同じ位の身体能力があるらしいです。引用:経済産業省 「長寿における成長戦略」

自分の歩行速度は、って、歩行速度は、「距離÷時間」で求めましょう。例えば、「20mを40秒で」歩いた場合は、20÷40で歩行速度は、0.5m/秒となりますね。さぁ、私はどうなんだろう早いのか遅いのかと世間では?年齢の平均値は?なんて気になりますが、人ってとかく比べたがるものですが

ここは、自分の速度で比べることがイイです(過去の自分と今の自分とで)、身体のサイズが大きい、小さいでも変わってきますからね

ココロ学習でも良くでてくるところ、ヒトって何かと比べたがる、どうせ比べるなら、「昨日の自分」と「今日の自分」、「今日の自分」と「明日の自分」、次週、次月、、未来へ 自分軸で比べましょう、そして自分の成長を感じたら、自己承認「自分にイイね、いっぱいだしちゃって!」

自分を丁寧に扱って 自分が幸せでなければ、他人を幸せにはできません。

自分にOK!出していると周りが変わってきますよ。これって、マジです。

ここから、また歩行速度に戻ります。

目安として、35歳以上で徐々に歩行速度は低下し始め、75歳以上になると30~34歳時と比較して約6割程度になるそうです。

ちょっと遅いかなと思われる方は、歩くときにも筋肉に意識して歩くだけでも効果がでるらしいです。日に15分でも20分でも集中して、時間は長いほうが良いでしょうけど、それよりケイゾク、続けることです。日々スポーツ、カラダを動かしている方はいいですが、まだ習慣になっていないかなという場合は、「運動する」にせずに、一日の中で歩くところの中に「筋肉意識歩き」入れてみてください。

朝の駅までの道も、時間に追われることなく、筋肉、筋肉で、、、

何度も登場させていますけど、私のランチウォーク、平日のお昼は、ほぼマイ弁当でささっと食べて、歯を磨き、友よ!の電子書籍を片手に歩き出すんです。意外に、いい風がふっと顔をなぜたり、今では新緑の黄緑に元気をもらい、土を踏みしめ、木の香りやら、セルフケアになってます。

いろいろな環境が待っていると思われるシニア世代、このようなセルフケアをいっぱい持っておくといいですよね。

時に旅行に出かけるんですが、元気で旅行に行くにも、やはり 足・腰 大事ですね。スクワット習慣入れるかな

シニア社員活用時の課題は、また、次回にします。

コメント