メンタルトレーニングを実践する5 感情のコントロール 生きていることがらくになりました

関東今日は少し気温がさがりました。過ごしやすくなりましたが、日中の気温差はまだまだ油断ができませんね。

今日のランチウォーク、曇り空の中のチューリップ、どよーんとした天候でしたが、花それぞれ凛として今日も美しい様子を見せてくれました。

さて、感情のコントロール、目標に向けて行動していくうちにふつふつとでてくる、マイナスな気持ち、、、「やってもさぁ、結果上手くいかないんじゃん」「練習していても全然上達しないし」「次週のプレゼン準備、毎日毎日上司にお小言を言われ、、、上司よ君がやってくれーっ」みたいな

このネガティブな気持ちをコントロールする

ひとつには、ネガティブな感情を吐き出す、吐き出す

吐き出す方法としては、影響があまりでないところで(自分の部屋、人気のないところ)、言葉にする、発する、例えば、理不尽な同僚に向けて「ムカつく」「ムカつく」「ムカつく」「ムカつく」「ムカつく「ムカつく」・・・・数分言っているとなんだか感覚変わってきますよ

変わらないときは、吐き出す感情の言葉がこころの中の吐き出す必要のあるマイナス感情と一致していないんだそう

ムカつくより、自分のふがいなさに「悔しい」「悔しい」「悔しい」「悔しい」なのかもしれません。

重要どころは、感情を出すこと。愚痴のように状況説明では、感情は吐き出せません。

ノートに書いてもいいです、書いてビリビリ破いてすてるーっ、ココロ浄化!

部屋にこもり泣ける映画をみて、泣く (´;ω;`)ウゥゥ 涙もココロを浄化します。

私の場合、ランチウォーク、言葉ですれば、いいことしてるじゃんになりますが、楽しき歩くだけの時ばかりではありません。

仕事は、会社員なので、たまには、「えっ!おかしい」とぷりぷり擦るときもあり(でも、ぷりぷりどは以前に比べてコントロールできるようになったと思いますが、但し自分比、自分評価ですが)

そんな時には、10分でも15分でも外に出てみる、たまにはブツブツ感情を吐きまくるときもありますが

外に出ただけでも落ち着いて、少し気持ちが楽になるような気がします。

ココロの学習をしたからと言ってすべてにおいてOKと言うことは、なく。たまに、やってしまう、いま、プチ怒ったよね、感情高ぶったよね自分、みたいな。

そんな風に自分の感情に気づく、気づくクセができると

少しずつでも感情がコントロールできて、間違いなく生きていることがらくになりました。

コメント