子どもにかかるお金を知る

お金

少子化対策の一つとして 幼児教育の無償化など 進んめらているようですが 子供にかかる費用のおさらい

出産からが始まりですね、出産は、嬉しいライフイベントのひとつですが、入院・分娩には まとまったお金がかかります。出産に「かかるお金」と「もらえるお金」、妊娠・出産でかかるお金と給付される(もらえる)お金を確認します。

①出産にかかる費用 出産は、病気ではありませんので、基本的に健康保険の適用外となっています。 通常分娩ですと分娩費・入院費は、全額自己負担になります。その費用は、約51万円(統計:公益社団法人 国民健康保険中央会)、かなり高額になりますね。あくまでも統計上の 平均の金額で 入院する病院や病室の種類、分娩方法などによっては もっとお金がかかるケースもありますので 注意が必要です。

このように出産による経済的な負担を減らすために健康保険うあ自治体などから「もらえるお金」もあります。

②出産時にもらえるお金 出産時の高額な出費を補うために加入している国民健康保険や健康保険などから「出産育児一時金」として子どもひとりにつき42万円がされます。さらに 働いている女性が産休を取り、その間に給与が出ないときには健康保険から「出産手当金」として所定の1日あたりの金額×支給日数分が支給されます。

また育児休業中は休業開始時賃金日額の50%~67%の育児休業給付金が 子供の1歳の誕生日前日までの育児休業を取得した日数分もらえます。ほかにも優遇制度など 次回につづく

コメント