ロマンチックな映画と相反するキツイ映画をみました

人生設計 ライフプラン ライフスタイル

ステキな映画に出会えるとうれしいもの

今だから選択したのかなこの映画、ロマンチック、ナイス!

そんな作品がまたひとつ

「ONCE ダブリンの街角で」
日本では、2007年上映 のもの
アイルランドの音楽映画

映画として
今回は、アルバムとしてもかも
曲の歌詞は、ちょっと熱すぎかなとおもいきや舞台のダブリンに収まっています。

当時のシネマtodayより 以下「 」引用
「男女のドラマを音楽に乗せて展開させる、ロマンチックな作品に仕上がっている。

ダブリンの街角で毎日のようにギターをかき鳴らす男(グレン・ハンサードは、ある日、チェコ移民の女(マルケタ・イルグロヴァ)と出会う。ひょんなことから彼女にピアノの才能があることを知った男は、自分が書いた曲を彼女と一緒に演奏してみることに。すると、そのセッションは想像以上の素晴らしいものとなり……。」

お互い大切なものに気づき
行動に移して行きます

チェコ女性
印象に反してガツガツ前に進むその姿

そこには
人として必要なものしかない

好きなことがひとつ
大事なことが
大切なものがあれば

最後に女性がピアノを弾くシーン
それぞれの幸せに向かって

エンディングロールで
キャスト紹介主役のふたり
guy’s gurl’s
と進む
作品のなかで名を呼び合うことが
なかった

50代、シンプルに豊かに生きる力をコントロールすること

時間もエネルギーも有限ですから

もう1本

やさしい嘘  スーダン

米国映画こちらも、いろいろ考えされられます

いずれもAmazonビデオより

同日のこの二本立てココロに結構効きました(ちょっとカラダにもキツかったかも)

コメント