何が何でも会社にいかねばの 「~ねばならない」 「マストな枠」は 取り払いましょう

ココロ メンタル

関東 雨が強くなったり 弱くなったり 台風が近づいています

仕事を終えて 家についてまもなく 利用している、電車が不通や間引きになりだして 今日のところは 早目の帰宅で正解!

明日も 油断をせず 余裕をもって 少し早起きして 会社への出社は 交通機関の状況もみて決めましょう

もう、何が何でも会社にいかねばの 「~ねばならない」 「マストな枠」は 取り払いましょう

自分を守っていいんです

この「~ねばならない」って 結構自分を苦しめることがあります

この枠が 他人とはもちろんことなりますから 面倒になって ストレスになったり

時には このマスト枠を 柔軟に

「〇〇するべきだ」 例)「挨拶は、必ず年下から 目上の方へ先にするべきだ」×××× そんなことないです

 

前回 高年齢雇用継続給付について 書いて 腹落ちさせましたが

さらに

リタイア時期を意識しだしているのであれば、こちらの給付、「介護休業給付」も押さえておく必要がありますね。

①支給対象者

雇用保険の一般被保険者が 対象家族(配偶者・父母・子・配偶者の父母)を介護するため、休業を開始した日前2年間に賃金の支払いの基礎となった日が 11日以上ある月が12カ月以上あるもの

②支給額および支給期間

原則として 休業前賃金の67%相当としされ 支給期間は 要介護状態にある対象家族1人につき通算93日間(3回まで分割取得可)給与金の上限額は 休業前賃金の67% 休業開始時賃金の上限額は

15,550円(平成28年8月1日現在)となり 支給単位期間1カ月間の限度額は 312,555円となる

ただし 休業期間中に事業主から休業前の80%以上支払われる場合は 支給はありません。

こちらの上限額も毎年8月1日に変更される。金額更新されています。

平成30年改定は こちら ↓

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000334237.pdf

コメント