定年からの仕事 どう働きますか? 50代前半から考えましょう

人生設計 ライフプラン ライフスタイル

定年後の、、ここでは、一般の会社員のお話、日本の企業ですと60歳定年、65歳まで再雇用のプランが主流ですかね、現在50代、そろそろ先の仕事のことを考えようと思っているかたも多いのではないでしょうか?

再就職を検討するのであれば、50代のうちに活動するほうが60歳の定年退職後よりも選択肢は広がるようです。受け入れの企業側目線でみれば、定年後の就職ですとあと5年、反して、例えばですよ、55歳で転職した場合は、10年ありますから

あくまでも個人の判断によりますが、定年後も働きたいのであれば、自分の働き方改革は、そりゃあ、はやい時期からおこなうことは良いことだと思います。すでに遅いかもと思われる方は、今日から実行しましょう、関連情報の収集であれば、いまから、即、実行です。なぜなら、明日始めるより今日からはじめる方がはやいから、行動への喰い付き「すぐ!」は、効果大です。

定年退職後からの分岐をすこし見てみます。

就業中の企業で継続雇用というのが多いことは、間違いないんですけど、

その前に、働くにしても、「人生どう生きるか」というがとても大切ですね。

「これだけはゆずれない」「これだけは大切で手放せない」など自分を生かすもの、また、家族や居住エリアなど自分都合ではどうにもならない事由もありますね

継続雇用以外の仕事の選択としては、

「人脈」を活かして、再就職先をゲット 先輩や友人など(以前のクライアントというのも選択肢としてなくはないですが、スムーズにいかない場面も多いかも、、、)

そうそう、つい先日、先輩が、50代後半なんですけど、「就職先決まったので」って、祝!再就職です。

思えば、私たちの就活時代を思い出して、当時OB・OGに話を聞きにいったように、セカンドライフへの就活で先輩訪問を始めたなんて方もいます。こちらは、その後、どうしたか聞いてないですが

「人材サービス会社」こちらは、無料で登録でき、自分で求人企業を探す時間が省けます。仕事をしながら長いスパンで探せるところもいいですかね、反面、大きな期待をしないで待ちということもありますが、複数の人材サービスに登録ももちろん無料ですから、気になる場合は、1社か2社程度、登録するのもいいと思います。登録は、WEB環境からできる会社がほとんどです。履歴書の作成ツールなど就活に便利なツールを提供していますのでシッカリ使うべし。自分の価値は最大限、MAX、アピールしてください。

次回へ続きます

コメント