記憶に残る絵があるのって ココロのセルフケアになります

ココロ メンタル

テレビで 印象画家モネ特集をみました 専門的なことはわかりませんが

私にとって 見ていて「心地いいな」と感じる 画家のひとりです。

機会を見つけては いくつかの作品 睡蓮ものは、あまりにも有名、日常の草上でのパーティー 楽しく語らう男性女性、今にも踊り出しそう、風に吹かれて舞い上がるモネ最愛の女性のスカート、光を 風を 木々の香りを 感じます

私は、そのなかでも 思わす 息を止めて立ち止まってしまった作品

「日の出」です。そんなに絵の大きさは、思ったより小さかったのですが

http://www.ntv.co.jp/monet/works/

日の出の光?(なんか変な日本語?)ボキャが不足で残念ですが

その絵の前では 時間が留まり スーッと 日の出の明るみに 自分がつつまれるような 私の五感にピッタリ(不要なチカラが抜ける感じ)

記憶に残る絵があるのって ココロのセルフケアになります

イメージしたところで その絵を見た時の脳状態になるんです 脳からのカラダへの指令も 心地よいものに

脳に「日の出」をイメージを 今宵は、ゆっくり 眠れそうです(暑いから、どうだろう)

そうか、暑いので 美術館で過ごすのも良いかも

 

マルチプランに向けて 専用マイアプリ(仕事の実力)の準備

ライフプランが変化するにともない 学習プランも画一的な計画から 変わり出し

「リカレント」という言葉も最近さらに良く聞きますね リカレントの言葉自体の意味は、「循環する」です。この意味から、社会人が学習し直し 生涯学習 で使われています。

よって 教育費も 子供教育費に加え 親世代も学習費が必要

さらに タフに

 

コメント