ふるさと納税 税金を有効に

お金

ふるさと納税 自分の出身地や応援したいエリアに寄付をするなど2000円の実質負担で地域の特産品が送られてくる制度です。まだ、実践はしておりません。人気のふるさと納税ですが昨年から実施された新しいルールで状況はどうなっているのか?

新ルールの開始は 昨年2017年の4月 いままでと大きく変わったところは3点

①寄付額に対するお礼の品の調達価格は 3割以下が望ましい 以前は たとえば 1万円の寄付への返礼としては 規制なく 5000円 7000円など かなりハイリターンありOKでしたが現状は同じ1万円で3000円相当の返礼になります

②金券類やパソコンなどの家電 ジュエリー宝飾品など 資産性が高いもの 高額なものは 不適切とされました

③自分が住んでいるエリアへの寄付は 寄付はできても 返礼の品は 無し

それぞれの自治体もこちらの新ルールは 対応するようになっています(強制力のない 要請レベルですが)

新ルールから 規制がかかって 状況は、、、

関心は 高まっているようです

そこで 対象の返礼品を 調べてみました

フード系 特選牛肉 高級海産物 お米 果物 スイーツに野菜 もちろん お酒に飲料系もあります

ある程度 ここぐらいまでは 想定内でしたが

各地域の へぇー こんなのあるんだ系の品としては 北海道 オホーツク海の流氷、長野 オリジナルアウトドア映像制作(結婚式レベルのイベントにはいいかも)、フグ刺し、丹波の黒枝豆、行列ができるたい焼き屋のたい焼き、

長崎 軍艦島クルージング、 楊貴妃ライチ、真っ白なイチゴ、御当地ビール、貸農園5坪分1年間利用券、温泉クーポン、F1観戦ツアー、農家暮らし1泊2日(朝夕食付) などなど

これって何?から ワクワク体験できそうなものまで あるんですねーーーーーっ

カタログだけ見ているだけでも 楽しいかも

本来のふるさと納税の趣旨をきちんと踏まえ 返礼の品も楽しむべしです

災害対策への支援としての寄付としても影響は大きいです

https://www.satofull.jp/

 

コメント